2012年03月24日

今朝の「みのもんたのサタデーずばッと」を見て

今朝のTV番組「みのもんたのサタデーずばッと」を見させていただきました。

「グリベック」という「分子標的薬」を使う慢性骨髄性白血病の患者さんのことが取り上げられていました。

ノバルティスファーマ株式会社

http://www.novartis.co.jp/news/2008/pr20081218.html


この薬が発売される前は5年後の生存率が約5割だったのがこの「グリベック」を使っていれば約9割の生存率になったそうです。画期的な薬です。


健康保険には「高額療養費」という制度があります。

この「グリベック」という薬は健康保険が使えますから1か月間の自己負担には上限があります。


70歳未満の一般の方(標準月額報酬が53万円未満)では

80100円+1%の自己負担


要するには1か月に100万円の治療費がかかっても自己負担は9万円以下の負担で済むということです。


さらに1年間に3回請求し、4回目からは1か月の自己負担は

44400円

となります。

問題は生きている間中薬が必要なことです。

お金が続かず、途中で治療をあきらめる方がでているということが、非常に残念ながら事実です。


保険は本当のプロに相談しましょう。


おそらく、この対策プランを適切に出来る人は保険のプロと呼ばれる人の中でも1万人に一人ぐらいしかいないでしょう。


保険料をいくら支払って良いというプランなら誰でもプランを作成でsきるでしょう。

ほとんどの保険プロは生命保険商品を提案してきます。

実は損害保険で対応する方法で5年間または60歳まで補償する方法があります。


生命保険商品だけで組み合わせると、保険料の負担が将来、払えないほど多くなる可能性が非常に高くなります。



posted by 日本一ばか正直なファイナンシャルプランナー at 07:49| Comment(0) | がんからの守り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。