2012年12月14日

人はなぜ がんになる?

そもそも「がん」とは何でしょう?

定義の仕方がいろいろありますので、ここでは 
一例として [アメリカ国立がん研究所によるガンの説明より]
「細胞の異常な増殖によって生じる100種以上の病気の総称」―


医師で無い私が医師と同じような正確さでは伝えられませんが、わかりやすく分かりやすく書かせていただくと「がんとは細胞をコピーする時に異常な増殖によって増える状態と考えて、ほぼ正確だと思います。

細胞分裂から説明させていただくと、人には薬60兆個の細胞があります。全ての臓器は細胞から成り立っております。


次の文章は東大病院の中川恵一医師のブログから引用させていただきます。

がん細胞との闘いは、毎日5,000回も起きている

細胞が分裂するときには、元のDNAを2倍にコピーして、新しい2つの細胞に振り分けます。人間(の細胞)がやることですから、コピーのときにミスがおこることがあります。これが突然変異です。

こうした細胞は多くの場合、死にますが、ある遺伝子に突然変異がおこると、細胞は止めどもなく分裂を繰り返すことになります。


最近の研究では、がん細胞は健康な人の体でも一日に5,000個も発生しては消えていくことがわかっています。がん細胞ができるとそのつど退治しているのが免疫細胞(リンパ球)です。免疫細胞は、ある細胞を見つけると、まず自分の細胞かどうかを見極めます。そして、自分の細胞でないと判断すると、殺してしまいます。

がん細胞は、もともと私たちの正常な細胞から発生していますので、カラダの外から侵入する細菌などと比べると、免疫細胞にとって「キケンな異物」と認識できない傾向がある、と言われます。それでも免疫細胞は、できたばかりのがん細胞を攻撃して死滅させます。私たちのカラダのなかでは、毎日毎日、「5,000勝0敗」の闘いが・・・・

 ◆◇無料保険相談は、あなたの街の《みつばち保険ファーム》へ!!◇◆ 
取り扱い保険会社は30社以上。だからあなたのライフスタイルに合った保険が選べます。
 ☆ 相談料も契約手数料もすべて無料!!
 ☆ 30社以上の保険会社から豊富な商品を取り扱い!!
 ☆ キッズスペース完備のためお子様連れの方でも安心!!
 ☆ プレゼントがもらえる店頭イベントを随時開催中!!




イラスト図表で保険料を3〜4割安くする“ビジュアル生命保険サイト”
このサイトで保険選びの「悩みがスッキリした」との声をたくさん頂いて
 おります!
 保険の比較をするなら、読売ウィークリーでも紹介された“保険マンモス”

posted by 日本一ばか正直なファイナンシャルプランナー at 17:57| Comment(0) | がんの情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。