2013年01月03日

「医療保険」と「がん保険」 どちらが重要?

「がん保険」と「医療保険」、どちらか一つしか、契約する予算がないとしたら、どちらを選びますか?

専門家の意見としてはほぼ決まっています。

答えは「がん保険」です。

理由は簡単です。

「がん保険」の方が、万一の場合に経済的に助かるからです。

実際に「がん保険」に加入していなかったために、住宅購入資金500万円を使い切っても足りなかった例が、
「がん患者、お金との闘い」というに本に載っております。


絶対に間違うことが無いように専門家に相談してください。

もし、あなたが「がん」に罹ったら、「がんの専門医」にいくでしょう。
「がんの治療方法」はどんどん進化しています。
以前が「入院期間」が長かったのが、「がん」の種類などによっては「薬による通院治療」も増えています。

先の「がん患者、お金との闘い」という本では、お金がかかってしまったかは、レベルの高い専門家に相談しなかったのが、一つの原因です。
例えば、当時の保険商品に「抗がん剤特約」はありませんでしたが、「所得補償保険」はずっと前に、販売されておりました。
「がん診断給付金」という「がんと診断されると支払われる保険金」も何度も支払われる保険が販売されておりました。

保険担当者のレベルで、「命」を救えるかどうかが変わります。

参考に保険代理店を紹介させていただきます。当FP事務所は保険を販売しておりません。
下の保険ショップ・保険相談サイトから相談してください。
上のプランもすぐ提案できます。

保険に加入するしないは、別にしても無料ですから、すぐ相談してみてください。
若い方でも病気で見直しができなかった例がたくさんあります。

保険代理店の重要性に気が付いたら、すぐに相談しましょう。

例えば、一生の入院保障(1回の入院日数限度は60日) と一生涯・無制限の抗がん剤の保障があっても、たったこれだけの保険料で家族を守れます。
保険料はずっと同じです。

月払い保険料  男性    女性
30歳    2,175円 1,860円
40歳    2,565 円 2,500円
50歳    3,740 円 3,220円

当FP事務所は保険を販売しておりません。
下の保険ショップ・保険相談サイトから相談してください。
上のプランもすぐ提案できます。

保険に加入するしないは、別にしても無料ですから、すぐ相談してみてください。
若い方でも病気で見直しができなかった例がたくさんあります。
上の「命」を守れるプランあります。


 ◆◇無料保険相談は、あなたの街の《みつばち保険ファーム》へ!!◇◆ 
取り扱い保険会社は30社以上。だからあなたのライフスタイルに合った保険が選べます。
 ☆ 相談料も契約手数料もすべて無料!!
 ☆ 30社以上の保険会社から豊富な商品を取り扱い!!
 ☆ キッズスペース完備のためお子様連れの方でも安心!!
 ☆ プレゼントがもらえる店頭イベントを随時開催中!!




イラスト図表で保険料を3〜4割安くする“ビジュアル生命保険サイト”
このサイトで保険選びの「悩みがスッキリした」との声をたくさん頂いて
 おります!
 保険の比較をするなら、読売ウィークリーでも紹介された“保険マンモス”

posted by 日本一ばか正直なファイナンシャルプランナー at 12:31| Comment(0) | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。