2013年01月22日

「マネーの達人」として認められました。

マネーの達人に選ばれました。

http://manetatsu.com/

「生死」を分ける保険選びがあります

というコラムを書かせていただいております。



この機会に次のような保険に加入している方はこの機会に見直しをおススメします。

1.更新型の特約では10年15年毎の更新時に年齢が上がりますので、保険料もどんどん上がる。
2.特約の内容が重複部分が多い。
3.介護保障などは、肝心の80歳過ぎて、対象になる時に保障が切れている。
2.がんの保障は特約だけ。
特に「抗がん剤治療」については、終身の保障がありません。

守れるうちに、すぐに保険を見直しましょう。



人により考え方は異なりますが、抗がん剤の中で重要なのは「分子標的薬」と考えています。
「分子標的薬」を、簡単に説明させていただくと、「がん」を直接攻撃するので無く、「がん」を「成長させず」、「殺さず」の状態にします。

実際の例として、大腸がんで余命3か月と医師から宣告された方がおよそ7年間、延命できた例があります。

これを今は「抗がん剤」の特約で、治療費をカバーできます。

問題は「更新型」ということです。
10年ごとの更新時に年齢特約の保険料が上がっていきます。
高齢になってからだと月1万以上保険料が上がる場合があります。
夫婦では月2万円以上上がる場合もでてきます。

したがって、私のFP事務所は保険を販売しておりませんが、おススメの1番目は「一生涯 同じ保険料」で
「一生涯 抗がん剤治療」が一生涯保障され、一生涯同じ保険料の商品をおススメしております。

厳密にはがん保険の「抗がん剤特約」より、少し保障範囲が狭くなります。
けれども、「分子標的薬」については保障されるということで、相談された方は納得されております。


今年は4月以後は保険料が値上げになる予定ですから、更新型の保険を契約している方は、今すぐ、専門家に相談しましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考に保険代理店を紹介させていただきます。当FP事務所は保険を販売しておりません。
下の保険ショップ・保険相談サイトから相談してください。
上のプランもすぐ提案できます。

多くの場合、保険に入りすぎと肝心な保障が抜け落ちています。
特に注意するのは「がん保険」と「所得補償保険」です。
保険の見直しはすぐに、専門家に相談をしてください。
若い方でも病気で見直しができなかった例がたくさんあります。

 ◆◇無料保険相談は、あなたの街の《みつばち保険ファーム》へ!!◇◆ 
取り扱い保険会社は30社以上。だからあなたのライフスタイルに合った保険が選べます。
 ☆ 相談料も契約手数料もすべて無料!!
 ☆ 30社以上の保険会社から豊富な商品を取り扱い!!
 ☆ キッズスペース完備のためお子様連れの方でも安心!!
 ☆ プレゼントがもらえる店頭イベントを随時開催中!!




イラスト図表で保険料を3〜4割安くする“ビジュアル生命保険サイト”
このサイトで保険選びの「悩みがスッキリした」との声をたくさん頂いて
 おります!
 保険の比較をするなら、読売ウィークリーでも紹介された“保険マンモス”

posted by 日本一ばか正直なファイナンシャルプランナー at 19:49| Comment(0) | 生命保険の見直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。