2013年08月23日

中立公平でないFPに相談するとなぜ騙されるか!?

私のアルカディアFP事務所は保険や投資信託販売しておりません。

当たり前ですが、何かを販売すると中立・公平を維持するのは困難です。

例1.「がん保険」は、年々進化します。
  治療方法が進化しているからです。
  同じ、月3000円の「がん保険」があったとしても『手数料』が違います。

 月3000円と思っても50年分では180万円の商品です。
 夫婦では360万円です。
 入院1日万円が当たり前と考えて入ると500万円近い「買い物」です。 

  「がん保険」選びを誤ると、場合によっては、本人の命や家族の命に関わります。

どこでも、同じと考えるのはとんでもない間違いです。

例2.ある地方公共団体でライフプランセミナーに投資信託会社の提携FPが講師?

 老後が不安だからといって、投資を勧めるFPがいます。

 まさに「盗人に追い銭」状態です。
 わざわざ、他の投資信託会社を紹介する人はないでしょう。

 こんな所にありがたがって何十万円の講師料が支払われています。
 しかも、これはわれわれの税金です。
posted by 日本一ばか正直なファイナンシャルプランナー at 19:12| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。