2012年12月10日

たったこれだけで家族を守れる 今すぐ保険を見直しましょう


がんにかかった場合、一昔前だと長期の入院をイメージされました。

今はがんの入院治療より通院治療の方が多いそうです。

代表的なのが大腸がんです。良い抗がん剤ができました。
余命3か月と医師から選考されて方が約7年間も生きられました。
でも、貯蓄500万円が無くなっても足りなかったそうです。

手遅れにならないようこの動画を是非見てください。
がん患者 闘いの家計簿
http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-1756.html


この対策のプラン例として
月払い保険料  男性    女性
30歳    2,175円 1,860円
40歳    2,565 円 2,500円
50歳    3,740 円 3,220円

たったこれだけの予算で月5万円の抗がん剤の保障が一生涯あります。
この予算で大事な人を守れます。

普通のがん保険でも抗がん剤の特約はありますが、高齢になるとどんどん保険料が上がっていきます。
普通の人はがん保険だけ支払って行く訳にいきません。

アヒルさんのがん保険に入っていると自慢していた方がいましたが、高齢になっても支払っていければ問題ありませんが、他人事ながら心配しております。
通常の病気・ケガの入院でも1日5000円が一生涯の保障がもちゃんとついています。

古いがん保険に入っていても、残念ながら、毎月何十万円の治療が長期で続くと生活が破綻します。
生きている間、ずっと治療が必要です。
一昔前は、「分子標的薬という薬はありませんでした。
「分子標的薬」を簡単に書かせていただくと、がんを直接攻撃はしないで、それ以上進行させない薬です。
ですから、生きられますが、生きている間中、高額な薬が必要になります。
大事な人の治療費も不足する場合があります。動画の例では貯蓄が500万円合っても足りなかったそうです。

食事が「高脂質」「低繊維」の方は大腸がんの対策をしておきましょう。
肉が好きで野菜が不足している方は要注意です。
専門医の方が将来、大腸がんが日本人のがん患者数の1位になるとおっやしゃっています。
秋田県は公式に公表しています。
http://daisen.in.arena.ne.jp/daisen/files/fc50b949e19a350373dbb299e0a382c5.pdf

下の保険マンモスは日本で最大の保険相談サイトですので、このプランもすぐ出てくるでしょう。
是非大事な方のために見直してください。
大切な方とご自身を守るために 今すぐ保険の見直しをしましょう。
月払い保険料  男性    女性
30歳    2,175円 1,860円
40歳    2,565 円 2,500円
 ◆◇無料保険相談は、あなたの街の《みつばち保険ファーム》へ!!◇◆ 
取り扱い保険会社は30社以上。だからあなたのライフスタイルに合った保険が選べます。
 ☆ 相談料も契約手数料もすべて無料!!
 ☆ 30社以上の保険会社から豊富な商品を取り扱い!!
 ☆ キッズスペース完備のためお子様連れの方でも安心!!
 ☆ プレゼントがもらえる店頭イベントを随時開催中!!




イラスト図表で保険料を3〜4割安くする“ビジュアル生命保険サイト”
このサイトで保険選びの「悩みがスッキリした」との声をたくさん頂いて
 おります!
 保険の比較をするなら、読売ウィークリーでも紹介された“保険マンモス”

50歳    3,740 円 3,220円
たったこれだけで、大事な人は一生 抗がん剤治療に困りません。

posted by 日本一ばか正直なファイナンシャルプランナー at 19:40| Comment(0) | 保険一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

日本の保険代理店の能力?

3月11日が近づいてきました。


私は今はファイナンシャルプランナーと経営コンサルタントをしていますが、保険の代理店をしていたこともあります。


地震などの災害や「がん」で治療費が払えない、あるいは「餓死してしまった」などのニュースを見るたびに心が痛みます。


ファイナンシャルプランナーに一言相談していれば、地震・津波で生活できないとか、「がんの治療費が無い」、お金が無くて食べるものが無くて「餓死」することなどありえません。


「必要性が低かったり、重複している特約をいっぱい付けた保険」に加入しながら「地震保険」に加入していなかった方もたくさんいたようです。


また、「女性特有の保障を手厚くした保険」には加入していながら、「がん保険」に加入していなかったり、古い保険のままで「がんの保障が時代遅れ」の方もたくさんいます。

参考までに女性のがんで亡くなる方の1位は「大腸がん」ですから、女性向けの特約では対象外と考えたほうが良いでしょう。


「保険のプロ」といわれている代理店は「地震」の補償が無くても、そのままにしていたのでしょうか?


「がん」の「治療費が無い」のを知りながらそのまま知らん顔しているのでしょうか?


もちろん、最終的には、代理店が決めることでなく、見込みのお客様が不要と言ってしまえば、それで終わる場合もあります。


それでよいのでしょうか?



あまりにも個人のお金に関してのプロが少ないと思います。


posted by 日本一ばか正直なファイナンシャルプランナー at 00:49| Comment(0) | 保険一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。